高山植物 白い花





登山中に見つけた亜高山帯から高山帯に咲く白い花を纏めました。
(山地帯、山林に咲く花も含む。)

並び順は「花期」「見た目が似ている」順で並べています。

植物の見分け方については、学術的な見分け方ではなく、その場で
見分けられる視覚的な見分け方について追記していく予定です。






水芭蕉(サトイモ科ミズバショウ属) 4月 奥裾花自然園

標高の高い尾瀬などの山岳地帯では6月に咲く花とされていたが
温暖化の影響で最近では4月の後半に開花するのを散見する。




水芭蕉 4月 尾瀬








キバナイカリソウ(メギ科イカリソウ属) 4月 角田山








イワカガミ(イワウメ科イワカガミ属)5月 摩耶山

常緑の多年草、ピンク色の株が多いが、珍しい白い花を見つけた。




イワカガミ 5月 笊ヶ岳









ギンリョウソウ(ツツジ科ギンリョウソウ属) 5月下旬 鬼面山(伊那山脈)

「菌従属栄養植物」の一種。光合成をせず地中にいる菌類などから栄養分
を吸い上げるが、花を咲かせる6月前後だけ地中に顔を出す。




ギンリョウソウ 6月 村上山(浅間連峰)




ギンリョウソウ 7月 鍋冠山(北アルプス・常念山脈)








シロスミレ(スミレ科スミレ属) 6月 車山湿原
別名、シロバナスミレ

 






イチリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属) 4月 角田山










バイカオウレン(キンポウゲ科オウレン属) 5月 継子岳(御嶽山)

朝ドラの主人公にもなった牧野富太郎博士がこよなく愛した花の一つ
とされ、山地帯から亜高山帯の針葉樹林に咲く常緑の多年草





ミツバオウレン 6月 硫黄岳付近
北海道・本州中部地方以北に分布、亜高山帯から高山帯の針葉樹林内や
林縁、湿地などにも生育




ミツバオウレン 7月 南八ヶ岳・権現岳付近




ミツバオウレン(キンポウゲ科オウレン属) 5月 堂岩山









サンカヨウ(メギ科サンカヨウ属) 6月 大渚山

夜露に濡れると花びらが半透明になる多年草。実は食用になり甘い。
「山荷葉」の「荷葉」は「蓮の葉」をさすそうで、「山に咲く蓮のような
葉をもつ花」という意味らしい。 花期は5〜7月。








ミヤマカタバミ(カタバミ科カタバミ属) 5月 荒島岳








シロバナヘビイチゴ(バラ科オランダイチゴ属) 6月 見晴岳付近
果時には湾曲して下向きに果実をつける。




シロバナヘビイチゴ 6月 湯ノ丸高原




シロバナヘビイチゴ 6月 桜平(南八ヶ岳)








チョウノスケソウ(バラ科チョウノスケソウ属) 6月 南八ヶ岳・真教寺尾根

北半球の極地および高山帯に生育する匍匐性の常緑小低木。








イワウメ(イワウメ科イワウメ属) 6月 赤岳付近

高山帯の岩棚や岩隙に生える常緑の小低木




イワウメ 6月 南八ヶ岳 硫黄岳付近








ウメバチソウ(ニシキギ科ウメバチソウ属)9月 朝日連峰・清太岩山付近




ウメバチソウ 9月 浅間連峰・黒斑山付近




ウメバチソウ 8月 美ヶ原








ハクサンイチゲ(キンポウゲ科イチリンソウ属)9月 朝日連峰・寒江山

中部地方以北から東北地方の亜高山帯から高山帯の湿った草原(雪渓が解けた跡)に群生




ハクサンイチゲ 6月 硫黄岳




ハクサンイチゲ 6月 南八ヶ岳・真教寺尾根




ハクサンイチゲ 7月 南八ヶ岳・権現岳付近




ハクサンイチゲ 7月 南八ヶ岳・天女山〜権現岳




ハクサンイチゲ 8月 奥大日岳
終盤、咲き終わり




ハクサンイチゲ 9月 朝日連峰・狐穴小屋付近




ハクサンイチゲ 9月 浅間連峰・トーミの頭付近






********************************************
※ハクサンイチゲとチングルマとの見分け方

見分け方@
・ハクサンイチゲ 花弁が完全に白い
・チングルマ 花弁の中心が黄色いの(ぼやっとしている様に見える)

見分け方A
・ハクサンイチゲ 一つの茎から3本花が咲いている場合もある
・チングルマ 必ず一本

********************************************



チングルマ(バラ科チングルマ属・落葉小低木) 6月 苗場山

北海道〜中部地方以北の高山帯、雪渓周辺の湿った草原(雪渓が解けた跡)に群生




チングルマ 7月 将棊頭山(中央アルプス)




チングルマ 8月 美ヶ原




チングルマの花枯れた後の綿毛 7月 西駒山荘付近(中央アルプス)








シロバナニガナ(キク科ニガナ属) 7月 鍋冠山(常念山脈)








ツマトリソウ(サクラソウ科ツマトリソウ属)6月 池の平(浅間連峰)付近




ツマトリソウ 6月 志賀高原・四十八池




ツマトリソウ 6月 志賀高原・田の原湿原付近




ツマトリソウ 7月 大滝山(常念山脈)








ゴゼンタチバナ(ミズキ科ミズキ属) 7月 水ノ塔山(浅間連峰)
名前の由来は咲いていた場所、白山の最高峰「御前峰」に由来しているらしい




ゴゼンタチバナ 6月 池の平(浅間連峰)付近




ゴゼンタチバナ 7月 将棊頭山(中央アルプス)




ゴゼンタチバナ 7月 大滝山(北アルプス・常念山脈)








ウスユキソウ(キク科ウスユキソウ属) 8月 早池峰山




ウスユキソウ 7月角間山(浅間連峰)




ウスユキソウ 8月 美ヶ原







オオヤマフスマ(ナデシコ科ノミノツヅリ属) 6月 池の平(浅間連峰)付近
小さくて見過ごしガチだが、しばし群生する。








タカネツメクサ(ナデシコ科タカネツメクサ属の多年草)
7月 中央アルプス・将棊頭山








クモマナズナ(APG分類:アブラナ科) 6月 南八ヶ岳・真教寺尾根
高山帯の砂礫地や岩礫地に生育する多年草




クモマナズナ 7月 南八ヶ岳・権現岳付近




クモマナズナ? 白馬 八方尾根 6月 








アカモノ(ツツジ科シラタマノキ属) 6月 越後三山・中ノ岳
高山帯の岩石地などに生育する常緑小低木




アカモノ 6月 志賀山付近




アカモノ 6月 志賀高原 渋池付近




アカモノ 7月 人形山




シラタマノキ(ツツジ科シラタマノキ属) 9月 浅間連峰・トーミの頭付近








コケモモ(ツツジ科スノキ属の常緑小低木) 7月 常念山脈・大滝山
果実は食用されるが、栽培されることは稀で、野生のものを採取するのが
一般的らしい。




コケモモ 6月 見晴岳(浅間連峰)付近
見晴岳の麓にある地蔵峠でコケモモソフトクリームが売られている。




コケモモ 8月 中国山地・道後山








イワヒゲ(ツツジ科イワヒゲ属) 7月 南八ヶ岳・権現岳付近
本州の中部以北から北海道の高山帯に生息する岩場常緑小低木




イワヒゲ 6月 硫黄岳付近




イワヒゲ 6月 硫黄岳付近








ツガザクラ(ツツジ科ツガザクラ属) 6月 南八ヶ岳・真教寺尾根
コケに見えるが高山帯に生育する常緑低木




ツガザクラ 8月 木曽駒ケ岳




アオノツガザクラ 7月 大滝山(北アルプス・常念山脈)








コマクサ(ケシ科ケマンソウ亜科コマクサ属)6月 三方ヶ峰
高山帯に生育する多年草。珍しい白色。




コマクサ 7月 志賀高原・万座









エゾシオガマ(ハマウツボ科シオガマギク属) 7月 常念山脈・鍋冠山








オオカメノキ(ガマズミ科ガマズミ属の落葉低木)5月 白砂山








オオバギボウシ(リュウゼツラン亜科ギボウシ属 白色)8月 中国山地・道後山








ワタスゲ(カヤツリグサ科ワタスゲ属) 6月下旬 志賀高原・田の原湿原

高山帯から亜高山帯の高層湿原に分布し、大群生をつくることが多い。




ワタスゲ 6月下旬 志賀高原・四十八池




ワタスゲ 7月 志賀高原・渋池








オサバグサ(ケシ科オサバグサ属) 6月 桜平(南八ヶ岳)
本州中部地方、東北地方に分布亜高山帯針葉樹林の林縁にまれに生育する。








ヒメマイヅルソウ(ユリ科マイヅルソウ属) 7月 鍋冠山(常念山脈)








ミヤマセンキュウ(セリ科 ミヤマセンキュウ属. ) 7月 大滝山(常念山脈)
亜高山〜高山帯の草地などに生える。








ヨツバヒヨドリ(キク科ヒヨドリバナ属) 7月 霧ケ峰




ヨツバヒヨドリ と「アサギマダラ」 8月 入笠湿原








ノリウツギ(アジサイ科アジサイ属) 7月 霧ケ峰








カラマツソウ(キンポウゲ科カラマツソウ属) 7月 霧ケ峰








モミジカラマツ(キンポウゲ科モミジカラマツ属) 6月 志賀高原・渋池付近
高山帯の湿り気のある場所に生える。








オオカサモチ(セリ科オオカサモチ属) 7月 霧ケ峰




オオオカサモチ 7月 八島ヶ原湿原(霧ケ峰)








シシウド(セリ科シシウド属) 7月 八島ヶ原湿原(霧ケ峰)








グンナイフウロ(フウロソウ科フウロソウ属) 7月 霧ケ峰




グンナイフウロ 7月 霧ケ峰









イブキトラノオ(タデ科イブキトラノオ属) 7月 霧ケ峰




イブキトラノオ(手前)と、カラマツソウ(奥) 7月 霧ケ峰








チダケサシ(ユキノシタ科チダケサシ属) 7月 霧ケ峰








イタドリ(タデ科ソバカズラ属) 7月 湯ノ丸山(浅間連峰)




イタドリ 7月 西篭ノ登山(浅間連峰)




イタドリ 8月 御飯岳




赤いイタドリ 9月 浅間連峰・仙人岳付近








コバイケイソウ(ユリ目シュロソウ科) 7月 霧ケ峰

山地から亜高山の草地や湿地など比較的湿気の多いところに生える。




コバイケイソウ 8月 千畳敷(中央アルプス)




コバイケイソウ、シナノキンバイ 8月 千畳敷(中央アルプス)








カニコウモリ(キク科コウモリソウ属) 7月 鍋冠山(常念山脈)

亜高山帯の針葉樹林の林床、林縁に自生する。
名前の由来は葉がカニと蝙蝠を足したような形をしているためとされる。








サラシナショウマ(キンポウゲ科サラシナショウマ属) 9月 霧ケ峰

根茎が横に伸び、細いひげ根を出すのが特徴。




サラシナショウマ 9月 鼻曲山




サラシナショウマ 9月 霧ケ峰








ヤマハハコ(キク科ヤマハハコ属) 8月 奥大日岳




ヤマハハコ 8月 破風岳(志賀高原近く)




ヤマハハコ 9月 霧ケ峰




ヤマハハコ 9月 清太岩山付近(朝日連峰)








オオヤマレンゲ(モクレン科モクレン属) 8月 大峰山








シコクママコナ(ゴマノハグサ科ママコナ属) 8月 天狗山(長野県)









ユウガギク(キク科シオン属) 9月 八島ヶ原湿原




ノコンギク(キク科シオン属) 9月 霧ケ峰




ノコンギク 9月 鼻曲山(浅間隠山近く)




ノコンギク 9月 森吉山








シロヨメナ/白嫁菜(キク科シオン属) 9月 丹沢山地




シロヨメナ 9月 氷妻山(浅間隠山近く)








ヤマユリ(ユリ科ユリ属) 8月 アカノラ山(入笠湿原近く)








ハバヤマボクチ(キク科ヤマボクチ属) 9月 霧ケ峰

和訳は草刈場に生育する火口アザミという意味らしい。
大形の多年草で、高さは1メートルを超える。








ベンケイソウ(ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属) 9月 八島ヶ原湿原

山地の草原などに自生。和名ベンケイソウは、一説には、生命力が強く、
茎葉を捨ててもそこから芽を出すので、武蔵坊弁慶に因んで名付けられた
とされる。








ミヤマハナゴケ(ハナゴケ科ハナゴケ属) 9月 黒部渓谷

ハナゴケ科は苔類ではなく地衣類で、コケ類とは形態的にも構造的にも
全く違うもの。地衣類は藻類を共生させることで自活できるようになった
もので、ちなみに藻類は、シアノバクテリアとか緑藻とかの事。








ハナニラ 3月里山(鎌倉アルプス)




アカフタチツボスミレ 3月里山(鎌倉アルプス)




シャガ 3月里山(鎌倉アルプス)








ズミ(バラ科リンゴ属) 6月 霧ヶ峰高原

 





高山植物・きのこトップ

山で出会った 動物達

ツチフォトトップへ









inserted by FC2 system