御嶽山   日本百名山



 日程 : 2017年3月11日〜12日

 天候 : ☀    気温 : 0℃〜-12℃

■コース1日目

 9:10 濁河温泉登山口 → 7合目 → 8合目 → 13:30 森林限界(軽食) → 14:15直登(敗退) → 8合目 → 7合目 → 16:35 登山口

■コース2日目

 6:20濁河温泉登山口 →7合目 → 8合目 → 9:20 森林限界 → トラバース → 10:30 飛騨山頂(軽食) → 摩利支天乗越 → 11:40 摩利支天山→ 摩利支天乗越 → 飛騨山頂 → 8合目(軽食2) → 7合目 → 14:20 登山口



 難易度 : 玄人 【体力:4〜5 技術:6】   お薦め度 : ★★★★★

 歩行時間: 1日目7時間 + 2日目9時間10分



 ※ 参考までに→ツチフォト基準では上記難易度。

・本コースは森林限界までトレースがないケースが多くラッセルが強いられる。
 初日は7合目先からトレースがなくラッセルをして一日が終わった。稜線の手前まで行ったが時間切れで下山した。
 翌日は私のトレースを辿って2組が登ってこられたが、トレースが無かったら日帰りでは敗退したと思われる。
 (ヤマレコでもこの日の投稿が2件あったが、それ以前は2月初旬までなし)トレースがない場合は2日必要
・森林限界から先はアイゼン・ピッケルワーク等の冬山技術は必須。
・稜線までは体力的にトラバースルートより直登ルートの方が楽かもしれない
・摩利支天乗越から摩利支天山までの細尾根が難所。幅20センチくらいの箇所もあり強風時は危険。
 (往路左手・南東側は雪の吹き溜まりが多く、最悪の場合こちらに滑落すれば命は助かる可能性あり)








 東側から御嶽山。伊那IC・木曽方面から御嶽に向かうと、途中の峠道からこの景色が臨める。




 伊那ICから御嶽山へは良く整備された車幅の広い山道が続く。御嶽山が近づいてきた。







 整備・除雪されてはいるが、

 冬の御嶽山へはスタッドレスは勿論のこと必須で

 また、走っている車の殆どが四駆であった。





 乗鞍かな







 林道で既に氷点下11度

 これは汗を掻かなそうだ。

 と思われたが、このあとラッセル地獄で
 汗をかく事になる。







 秘湯・濁河(にごりご)温泉を経由し







 登山口へ

 温泉街から先はフカフカした雪を
 車で踏み潰し、なんとか駐車スペース
 まで来たが、2駈だったら間違いなく
 スタッグしていたと思われる。







 序盤は、バッチリトレースあるじゃん

 と思った。







 河川も殆ど埋まるほどの凄い積雪量




 湯の花峠へ







 ここから先は、1名分のスノーシュー
 のトレースのみに







 







 今日はワカンすら持ってこなかったので・・
 (前々週の乗鞍が思いのほかクラストしていたの
 で不要と思った。)スノーシューのトレースも
 軽いラッセル状態だったが、ここから先は
 ディープラッセルとなる







 森林限界を超えてきたが、依然ラッセルが必要




 目的の摩利支天山(*´∀`) 疲れが和らぐ




 森林限界を越え少し先に進むと漸く氷になった。



 







 直登していく

 ピッケルだけでなく、アックスも持ってきて

 良かった。2本だとかなり楽




 復路もフカフカの雪が待っており、14時になったら引き返そうと考えていたが




 14時半を過ぎても稜線に出れず、疲労もかなり蓄積







 今日は諦めて下山する事にした・・(ノД`;)

 明日のリベンジの為に踏み固めながら下山した。




→御嶽山 続き











  中央アルプスエリア トップへ

    日本百名山 トップへ

  ツチフォトトップへ









inserted by FC2 system