美ヶ原   日本百名山



 日程 : 以下厳冬期の山行写真・日記を統合した。
      2015年1月4日、2016年1月9日、2024年3月2日

 天気 : ☀〜☁   気温 : -2℃〜-9℃

■コース:

駐車場 → 山本小屋 → 美しの塔 → 牧場 → 王ヶ頭 → 王ヶ鼻 → アルプス展望コース → 十曲り → 牧場 → 山本小屋 → 駐車場

※↑北 2015/1/4のGPSログ



 難易度   : 初級 【体力:2 技術:2.5】※1
 総歩行時間 : 4時間※2
 お薦め度  : ★★★

※1 参考までに→ツチフォト基準での厳冬期難易度。

難所や危険個所はなく、牧場エリアの雪原歩きとなる。夏道沿いは踏み跡が多数あるが、アルプス展望コースを歩く場合、雪原を自由歩きする場合は多少のラッセルが必要。

※2 コースタイム:-






美ヶ原は八ヶ岳中信高原国定公園北西部にある高原で
最高峰の王ヶ頭(2,034m)の他に、王ヶ鼻(2,008m)、茶臼山(2,006m)、牛伏山
(1,990m)、鹿伏山(1,977m)、武石峰(1,973m)といった山々があり、その眺望は
北アルプスの展望台と言ってよいほど素晴らしい。山頂付近は平坦な台地状
の地形で、夏は美ヶ原牧場と呼ばれる牛の放牧地となっている。


ここでは冬季の山行写真・日記を纏めた。厳冬期は道の駅・美ヶ原高原
美術館への道こそ冬季閉鎖されているものの、山本小屋まで除雪されており
楽に登る事ができる。

2015年1月4日は道路状況を知らずに三城登山口から登ろうと思ったが
13キロ手前から通行止めだったため、これを諦め





逆により高度の高い位置にある、山本小屋までの道路は除雪されているため
ここから王ヶ頭まで楽々雪原ハイクする事となった。
2015/1/4はフォレスターで来た。



※2024/3/2はセカンドカーのデミオで到着。フォレスターほど雪に強く
ないが、スタッドレス+四駆なので難なく来られた。



※こちらも2024/3/2写真。
この日は駐車場からは早くも八ヶ岳連峰や南アルプスが望めた。







駐車場を出発。まずは夏道を歩いて美しの塔へ向かった。





美しの塔へ到着。



※2024/3/2の同じ場所から。







続いて王ヶ頭へ向かった。


夏は入れない牧場エリアへ進入♪ワカンを履いてきたが浮力が足りず
歩くのが少し大変。





流行りのスキーパラグライダーをやっていた。



※2024/3/2もスキーパラグライダーをやられている方が居た。







ここから再び夏道に復帰し王ヶ頭に向かった。




※2024/3/2の同じ場所から。







王ヶ頭へ到着



※2024/3/2の同じ場所から。







続いて王ヶ頭ホテル、王ヶ鼻へ向かう。





おっ、あれは!?





カモシカ君だな。





雪山では凛々しく見える。





目がチラチラ合う。アイコンタクトを取って仲良くなった気分になるが
カモシカ側としたら何を見ているんだという感じかな。少し警戒している模様。





お、走り出した。





雪の上でも歩くのが速い!





ジャンプしながら雪の斜面も易々と登っていく。
やはり動物先生の機動力はとてつもなく高い!





安全な場所へ避難したつもりでこちらを見ているのかな?可愛いな。



カモシカ君とお別れして、先へ進んだ。


※2024/3/2の王が鼻へ向かう途中の写真
左先に見えるのが王が鼻、右側は武石峰。







王ヶ鼻へ到着。北アルプス方面は雲に隠れてしまっていた。



※2024/3/2は辛うじて北アルプスが望めた。



※2024/3/2 王ヶ鼻から鉢伏山方面。



※2024/3/2 八ヶ岳連峰・南アルプス方面。








2015/1/4の復路





ブルが2台やってきた。





王ヶ頭ホテルの宿泊客を運んでいるようだった。





復路は十曲の方へ寄り道した。





なんか良い雰囲気










十曲へ到着





※2024/3/2は復路にアルプス展望コースを利用した。
強風で雪が吹き飛びトレースが消えている場所もあり、やや大変だった。







日が暮れてきた。





楽しい雪原散歩でした。






最後は雪道のドライブも楽しみ、横浜の自宅へ帰宅した。




※2024/3/2は終始晴天。自宅までの1時間掛からないドライブも快適だった♪








→2016/1/9のナイトハイク





美ヶ原 霧ケ峰 鉢伏山 トップへ
信州百名山 トップへ
日本百名山 トップへ

ツチフォトトップへ









inserted by FC2 system