丹波より  大菩薩嶺   日本百名山



 日程 : 2017年3月4日

 天候 : ☀    気温 : 6℃〜-3℃

■コース:

 8:55 駐車場 → 雄滝 → 大菩薩登山口 → 大菩薩峠 → 12:55 大菩薩嶺 → 大菩薩峠(昼食)  → 登山口 → 白糸の滝 → 16:20 駐車場




 難易度 : 中級 【体力:3 技術:2.5】(厳冬期・丹波)   お薦め度 : ★★★

 歩行時間: 6時間50分(昼食休憩30分)



 ※ 参考までに→ツチフォト基準では上記難易度。

・厳冬期でも難しくならなく、雪山入門、雪山の高尾山ともいうべき山
・積雪は柔らかい雪が数センチ〜膝下まで積もる程度で、丹波からのマイナーコースでも週末はトレースがある
・ただし丹波からのコースは標高差1000M以上あり、そこそこの体力は必要











 雄滝の手前10分強程の距離にある駐車場







 雄滝へ向かう







 こちらが雄滝





 雄滝から林道に戻り
 少し進んだ所にある登山口。

 ここから眺望のない樹林帯を
 ひたすら歩く。







 大菩薩峠までの道中にある

 唯一視界の開けた広場







 




 大菩薩峠へ。ここからは冬山とは思えない程多くの人で賑わう。







 8年前に来た時にはなかった

 年中無休の山小屋がありビックリ




 大菩薩峠から南アルプス方面の眺望。白根三山や甲斐駒ケ岳などが望める。







 稜線歩き。気温-2度程度に風速5m/s程度の微風が吹く。正にハイキング。







 







 







 眺望の無い大菩薩連嶺の最高地点




 復路







 







 下山後、白糸の滝へ立ち寄る







 これは中々の迫力

 林道から5分で行けるので
 観光客も居られた。







  大菩薩連嶺エリアトップへ

  日本百名山 トップへ

    山梨百名山 トップへ

  ツチフォトトップへ









inserted by FC2 system