帝釈山脈  帝釈山   日本二百名山



 日程 : 2017年7月17日

 天候 : ☁→☀    気温 : 21℃〜17℃

■コース:

 7:50 駐車場 → 小田代 → 田代湿原 → 田代山 → 避難小屋(休憩) → 帝釈山 → 避難小屋 → 田代湿原 → 小田代 → 13:30 駐車場





 難易度 : 初級 【体力:2 技術:2】   お薦め度 : ★★★★

 歩行時間: 4時間15分

 参考までに→ツチフォト基準では上記難易度。

・登山口から田代までは登山道が非常によく整備されており技術難易度1.5






この日登る帝釈山脈は、福島県と栃木県の境にあり一部が群馬県にかかる山地
で、広義には越後山脈に入るらしい。その主峰が日本二百名山の帝釈山だが、
最高峰は実は2163mの黒岩山らしい。



帝釈山の取付となる小田代へは福島県南会津郡側より未舗装路10キロ強
を含む山道を走る事になる。登山口は標高1400Mくらいの位置にあり、昨日の
会津朝日岳と比較するとかなり涼しい。





まずは樹林帯の登り。





樹林帯の急登を終えると、





湿原が広がる小田代へ辿り着く。





小田代から樹林をもう少し登ると田代湿原





楽園のような心地よさ










この辺りが田代山山頂の模様。





田代山は花の百名山に選ばれており、チングルマやワタスゲが咲いていた。





田代湿原を一周廻って下山される方も多いが、西南方面に向かうと帝釈山に辿り着く





避難小屋





こちらの新しい建物はトイレ





帝釈山の山頂へ向かうには再び樹林帯の中を通って進む。





山頂へ





山頂からの眺望はこんな感じ。





復路

やはりこの山の魅力は湿原歩きだな。





帝釈山は湿原歩きが気持ち良く、想像以上によい山でした。








南東北エリア トップへ

ツチフォトトップへ









inserted by FC2 system