西上州  二子山   



 登山日: 2015/11/12 / 天候: ☀   / 気温: 13℃〜15℃ / 視界: 良好 

 コース: 8:15 倉尾 → 分岐 → 8:40 東岳 → 分岐 → 上級コース → 10:00 西岳 ピストン往復 
      → 西岳(昼食) → 上級コース→ 分岐 → 11:50倉尾

 


 難易度: 玄人 【体力:2 技術:5】   / お薦め度:★★★★


 概要:二子山は、埼玉県秩父郡小鹿野町にある山である。石灰岩からなる岩峰で、西岳(1,165.8m)と東岳(1,122m)から成る双耳峰。
  ロッククライミングの登攀の対象とされている。


 ※ 参考までに→ツチフォト基準での縦走難易度。

   ・西岳はかつては鎖が設置されていたが平成19年に撤去されたらしい。
    しかし、鎖固定用のボトルは至る所に残置されている。また全体的にホールドが良く登りやすい。
    危険箇所、難所は東岳が1ヶ所、西岳直登ルートが数ヶ所。

   ・上級ルート(直登ルート)を下ったが、どの様に下ろうか若干迷う箇所が1か所あり(登りと同じだと姿勢的に若干厳しい)
   技術レベル的にはジャンダルムのウマノセ、妙義山の鷹戻しの下りと同程度で、高度感はそれよりない。












  今回は倉尾より







  東岳へはあっという間に登頂




  東岳から西岳











  次いで西岳へ
  







  鎖撤去の理由書きが面白い







  ロープの練習をしているグループが居られた。

  この後、バリエーションルートへ反れるとの事







  先へ行かせて頂いた。

  ここの登りは垂直に近いが、スタンス
  ホールド共によく、ロープ、ビレイは不要。

  







  楽々上へ。

  西岳から東岳





  西岳稜線








  ここの尾根歩きは楽しい(^ω^*)♪




  今日は人が多い。先のピークにガイドさん?に引率される4名のグループ



  







  




  叶山にはかつて洞窟まであるハイキングコースがあったらしいが、現在は石灰の採掘場で山頂部は完全にない



  








  下の道を歩いても面白くないので、

  ここまで下って稜線をピストン往復した。







  鎖なし直登箇所の下りは、

  1か所どの様に下ろうか若干迷う箇所が
  あったが、それほど難しくなく降りられた。

  二子山はちょいとコースの距離が短いが、
  稜線を往復するか、麓から登れば半日は楽しめるかな。
  






  奥武蔵エリア トップへ

  ツチフォトトップへ


inserted by FC2 system