和名倉山   日本二百名山



 登頂日: 2013/9/7  / 天候:曇り、後雨   / 気温:21℃〜14℃ / 視界:不良 

 コース: 8:07 将監登山口 → 生王院平 → 西仙波 → 東仙波 → 13:15 和名倉山(付近で昼食)13:35  → 東仙波 → 生王院平 → 16:30 登山口


 ※北→


 難易度: 中級 【体力:3.5 技術:3】 ※1   / 総歩行時間: 8時間5分 ※2   / お薦め度:★★ ※3


 概要:
  和名倉山は埼玉県秩父市にある標高2,036mの山で、奥秩父の山の一つ。
  別名は白石山で国土地理院の地形図にも白石山とあるが、和名倉山が古くからの秩父側の呼称である。
  四方に谷を刻んだ巨大な山体が特徴的で、かつては奥秩父の秘峰としてその原生林の美しさが讃えられたが、
  森林伐採と山火事で山域の荒廃が進んでしまった。



 ※1 アプローチが長く、避難小屋やテント場はないため、体力が必要。
   岩稜、小規模なガレ場あり。東仙波から先は道がやや不明瞭。

 ※2 コースタイム : 10時間15分

 ※3 登り応えはあるが、展望に乏しい。











    民宿みはらしの有料駐車場(500円)
    に駐車。

    女将さんはかなり感じの良い方だった。







登山口







    林道を歩く。

    一般車通行止めとなっていたが
    途中で何台か







    帰りに泥を落せそう沢あり(^▽^)







林道から分岐した登山道へ







    見た目は旨そうなキノコ達







    こっちのは見るからに毒々しい(゚д゚)







景色のない樹林をひたすら登る。







    鹿除けの網。

    扉でなく紐で縛ってある。







    四差路とは珍しい。







    途中に地図に載っていない沢がある。

    水がとても冷たく気持ちよい。(^○^)




    視界が急に開ける。山火事か土砂崩れの跡?









    西仙波へ到着。

    アプローチが長いが半分は越えたかな。




    曇っていても視界の開けた稜線歩きは気持ち良いな。(・∀・)






  東仙波へ到着。










東仙波から一度下る。

ここから先は道がやや不明瞭で
少し荒れている。







    白樺の木が茂る尾根に出た。







    再び稜線歩き。








    和名倉山が見えてきた。







    再び樹林に入ると流石深い山、鹿だらけ。

    10匹以上は居た。







    







  コケと草の共生







  味噌汁に入れたくなる。







    







    二瀬分岐

    左に向かうと山頂方面






    山頂近く







    鹿の視線を強く感じる。







    ついに登頂!

    長かった。

    樹林に囲まれ景色のご褒美は無し。







    復路。







    何故エンジンのピストンだけが。







  奥多摩・奥武蔵エリア トップへ

  ツチフォトトップへ









inserted by FC2 system