表妙義縦走 白雲山 金洞山



 登山日: 2015/6/13  / 天候: ☀   / 気温: 21℃〜27℃ / 視界: 普通 

 コース:7:50 駐車場 → 8:00 登山口 → 奥の院 → 見晴 → 玉石 → 大のぞき → 天狗岳 → 相馬岳 →
     → バラ尾根(昼食) → 堀切 → 鷹戻し頭 → 東岳 → 中之岳 → 中間道 → 16:00 駐車場

 ※↑北   黄色は前回のログ、赤が今回のログ








 難易度: ベテラン【体力:4.5 技術:5】 / お薦め度:★★★★ / 総歩行時間:7時間45分




 概要:妙義山は日本三大奇勝の一つとされる山で、白雲山・金洞山・金鶏山・相馬岳・御岳・丁須ノ頭・谷急山などを合わせた総称。
     最高峰は表妙義稜線上の相馬岳(1,103.8m)。南側の表妙義と北側の裏妙義に分かれている。

     表妙義縦走路は岩稜帯が連続し、こぶ岩・鷹戻し・奥の院の鎖場等で多数の死亡・重傷等遭難が繰り返し起こっている。


 ※ 参考までに→ツチフォト基準の表妙義を環縦走する場合の難易度。

     (ウィキペディアより)
     ・山と高原地図では難路の登山道(初級・中級・上級の分類の中で分類外の最上級に分類)として記載されている。
     ・技術難易度は北アルプスの大キレットや剱岳の比ではなく、一般登山道最難関として知られる西穂高岳−奥穂高岳間の縦走路に匹敵する。
     ・他の山系と異なり、岩の性質上スタンスが乏しく、鎖を全力で握り腕力で身体を引き上げることを強いられる箇所や、ヤセ尾根で
     両側がともに100m以上切れ落ちているような危険箇所がしばしば現れ、腕の力が尽きたり、ほんの一度躓いたりしただけで、
     命を落とす最悪の帰結につながる。













  前回二日酔いなどで縦走ができなかった為

  再び表妙義へやってきた(・∀・)ノ







  妙義神社から白雲山、金洞山を巡り、

  中間道を使い環縦走します。







  早くも急斜面







  当たり前のように岩場や







  鎖場があり、麓から楽しめる(^ω^*)








  




  岩の上から白雲山を見上げる







  前日は雨だったため、ややぬかるんでいる。







  トラバース気味に下る。








  ここから上級者コース







  奥の院横の鎖場

  一般登山道装備の3名グループが
  鎖にしがみ付きながら登られている。



  登り終わるまで下で待機し、

  そのあと一気に登った。





  見晴へ。先ほど登られていた方をここでパス。




※見晴〜堀切までの道のりは先々週のページへ
→ 5/30見晴〜堀切 

→ 6/13 鷹戻しまで一気に飛ぶ 





  群馬近郊エリア トップへ

  ツチフォトトップへ









inserted by FC2 system