表妙義縦走【逆走】 白雲山 金洞山



 登山日: 2015/7/11  / 天候: ☀   / 気温: 22℃〜28℃ / 視界: 普通 

 コース:9:30 中ノ岳駐車場 → 9:35 登山口 → 第二石門 → 中ノ岳 → 10:50 東岳 11:30 → 鷹戻し頭 → 堀切
     → バラ尾根 → 相馬岳 → 天狗岳 → 大のぞき → 玉石 → 見晴 → 奥の院 → 中間道 → 18:10 駐車場

 ※↑北   黄色は前回までのログ、赤が今回のログ








 難易度: ベテラン【体力:4.5 技術:5】 / お薦め度:★★★★




 概要:妙義山は日本三大奇勝の一つとされる山で、白雲山・金洞山・金鶏山・相馬岳・御岳・丁須ノ頭・谷急山などを合わせた総称。
     最高峰は表妙義稜線上の相馬岳(1,103.8m)。南側の表妙義と北側の裏妙義に分かれている。

     表妙義縦走路は岩稜帯が連続し、こぶ岩・鷹戻し・奥の院の鎖場等で多数の死亡・重傷等遭難が繰り返し起こっている。


 ※ 参考までに→ツチフォト基準の表妙義を環縦走する場合の難易度。

     (ウィキペディアより)
     ・山と高原地図では難路の登山道(初級・中級・上級の分類の中で分類外の最上級に分類)として記載されている。
     ・技術難易度は北アルプスの大キレットや剱岳の比ではなく、一般登山道最難関として知られる西穂高岳−奥穂高岳間の縦走路に匹敵する。
     ・他の山系と異なり、岩の性質上スタンスが乏しく、鎖を全力で握り腕力で身体を引き上げることを強いられる箇所や、ヤセ尾根で
     両側がともに100m以上切れ落ちているような危険箇所がしばしば現れ、腕の力が尽きたり、ほんの一度躓いたりしただけで、
     命を落とす最悪の帰結につながる。













  妙義公園

  中之嶽神社付近の







  中ノ岳駐車場に駐車して出発(・∀・)ノ







  昨日も飲みに行ったため

  少し遅い出発







  尚、気温はかなり高い。

  (*゜Д`;)夏は苦手や







  登山口より少し歩きだし

  間もなくして鎖が出現(^ω^*)







  







  第二石門







  第二石門下り






  第四石門の手前より

  金洞山方面へ北上














  かなり濡れてます。







  駐車場の車が小さくなってきた。







  ここから本格的な登り








  







  中ノ岳へ









  東岳方面へ向かう。


  コブ岩のある尾根は登りでは感じなかったが

  逆回りで下ると、両側が切り立っておりスリリング


  どちらかに転んで落下したら間違いなく即死だろう。





  ※2015/6/13------------------------------------------------------------------------------------------

      こちらは前回鷹戻しの頭方面から登って来た時に撮ったここの尾根





  登るときは全く怖さを感じなかったが、下りだと下の方が見える。


  ------------------------------------------------------------------------------------------






  2015/7/11に戻り



  東岳から二段ルンゼを登った後








  鷹戻しを下る。




→ 妙義山縦走 逆回り 続き





  妙義山 トップへ

  ツチフォトトップへ









inserted by FC2 system