武甲山  奥武蔵



 登頂日: 2010/1/31  / 天候:晴れ  / 気温:0℃〜-2℃ / 視界:やや良好 

 コース: 9:40 一の鳥居 → 登山口 → 大杉の広場 → 武甲山 → 大杉の広場 → 登山口 → 13:20 一の鳥居

 難易度: 初級 / 総歩行時間: 2時間50分※ / お薦め度:★★★


 概要:
  武甲山、秩父を象徴する名山。山頂からは秩父の町並みや、奥秩父の山々が一望できる。しかし、現在は
  石灰岩採掘のため、山肩はすっかりこそげ落ち、秩父盆地から見る姿は以前に比べ貧相なものとなっている。

 ※ コースタイム:4時間





  武甲山が見えてきた。 山体はかなり削られえちる。明治期からセメントの原料として採掘が
  進められているらしい。(・ω・`)


 セメント工場を過ぎた辺りからオフロード
 に。4駆に買い換えたので悪路も楽勝。
 一の鳥居の駐車場へ。ここから山頂を目指す。
 途中、鱒?の養殖場が。


 不動滝。ここ一年くらいで不動滝という名前の滝は3箇所目だ。この名前の滝は全国に何箇所あるんだ・・?


 山頂付近、階段コースと一般コースに
 別れていたが階段コースを選択。
 結構ハード。


      山頂手前の御獄神社。
 標識のある偽の山頂の奥にフェンスがあり、これを
 超えて行くと、本当の山頂がある。直ぐ横が断崖に
 なっているのでフェンスを設けたのだろう。


          そこからの景色。周囲に高い山がないので高度感があり中々の景色だ。(´▽`)
          秩父の町を見下ろす。


                  遠い奥には浅間山の山頂も薄っすら見える。


 採掘所。巨大な重機がミニカーの様に見える。
 右側はセメント工場。


 





  奥多摩・奥武蔵エリア トップへ

  ツチフォトトップへ









inserted by FC2 system