丹沢山地  鍋割山   



 登頂日: 2013/6/29  / 天候:晴れ後曇り   / 気温:21℃〜17℃ / 視界:やや良好 

 コース: 8:10 寄大橋 → 登山口 → コシバ沢 → 鍋割峠 → 雨山峠(昼食) → 登山口 → 13:50 寄大橋


 ↑北  


 難易度: 中級 【体力:2.5 技術:3.5】 ※1   / 総歩行時間: 5時間 ※2   / お薦め度:★★★


 ※1 寄から尾根(雨山峠)までは沢沿いのルートとなり、渡渉が多い。コシバ沢から先は地図にルートの記載がなく不明瞭。
   雨山峠から鍋割峠までは鎖が多い。

 ※2 コースタイム : 6時間程度(当該ルートの一部は山と高原の地図、ガイドブック、国土地理院地図、現地指導票等に掲載なし。)












  再び丹沢の寄へやってきた。







  コシバ沢まで渡渉を5回程繰り返すが
  前回より水量が多く、今回は沢を歩いて
  いる感じがする。(・∀・)











  夏はやっぱ沢が涼しい (^ω^*)







  途中右手に山側を歩いていく
  登山道が現れるが、

  沢をそのまま歩いても行ける。







  途中勾配があがり段差が出るが
  それほど難しくなく登れる。







    ※2014/10/4 コシバ沢へ続く滝




    登山道と合流


※ここは2013年の末ころから崩落が始まり、
1年度の2014/6に来た時は梯子が掛けられていた。







尚、この沢はこの先で終了しているので
登山道に乗り換える。(梯子を上って
進む)











再び沢が現れるがその沢がコシバ沢。

登山道と別れコシバ沢を進む。









現地指導票に危険と書いてあったが
水量が細く段差もなく歩き易い・・








なんて思ってのも束の間、







何だっぺ、この急勾配は( ; ロ)゚ ゚


後半は超が付く勾配だがや〜。(´□` )














  いやいや、ビックリしたっぺ〜。

  だが、尾根近くへ出たようだ。

  薄ら人間の踏み跡も見える。




    景色はまあまあだぁ。(´▽`)







ああ、ここへ出るのか。

鍋割峠へ到着。ここから今日は人が沢山の
鍋割山へは行かず、雨山峠を経由して下山する。










  雨山峠までは一般道だけど
  勾配のある細尾根を歩く。














  おおお、ワカバグモ発見。

  確か穴などに隠れて獲物に飛びつき
  前足で捕獲するんだよな。







  獲物をつかんだまま移動してる。

  どこへ行くんだ?







  雨山峠を経由して沢を下る。







  よく見るとオタマジャクシがいっぱい




    2014年の夏に登った時にテンナンショウ属(マムシ草?)が生えていた。トウモロコシの様で食べられそう
    だが全身有毒なので間違っても食べないように注意。




→2013/6 鍋割山

→2014/2 大雪後、寄




  丹沢山・箱根山エリア トップへ

   ツチフォトトップへ









inserted by FC2 system