経ヶ岳   日本三百名山



 日程 : 2019年7月23日

 天候 : ☀☁    気温 : 18℃〜20℃

■コース:

 9:40 銚子ヶ口展望広場 → 保月山 → 杓子岳 → 中岳 → 経ヶ岳 → 中岳 → 杓子岳 → 保月山 → 14:10 銚子ヶ口展望広場






 難易度 : 中級 【体力:2.5 技術:2.5】※1   お薦め度 : ★★★

 歩行時間: 4時間15分(休憩/食事15分)

 ※1 参考までに→ツチフォト基準では上記難易度。









 フォレスター最後の登山は経ヶ岳へ。銚子ヶ口展望広場へ駐車して出発







 展望広場からの景色、左側に荒島岳が見えるらしいが雲の中



 







 林道を少し西に向けて歩くと

 登山口







 樹林帯を登ると、「アダムとイブ」
 との看板が







 ほのぼのするね




 保月山

 麓にあったイラストには、
 ここまでコースタイム45分
 との記載があったが48分要した

 いつもコースタイムの7掛けくらい
 で歩けるが、45分とは異常に
 ハードな設定だな







 急登が続く







 上空には鷹が3匹






 杓子岳へ

 ここへはコースタイム40分と
 あったが、25分で来れた・・







 ついで中岳へ







 雨の予報に反して、晴れたりガスったり
 





 中岳へ

 ここへはコースタイム30分に対して
 10分弱でこれた・・




 自治体看板のコースタイムは稀に歩き易さなどを無視して、距離と標高差で
 算出していると思われる場合もあるが、どうやらここのイラスト↓に至っては
 「高低差」や「登り下り」すらも無視をして、距離だけで設定している様だ・・
 恐ろしい程のいい加減さ・・・(登りも、横移動も、下りも、一律距離で設定)



 




 中岳から鞍部に下る、正面は経ヶ岳。



 







 







 







 







 




 山頂部を捉えた



 







 山頂へ






 三角点のある位置にむかったが
 ヘビー藪漕ぎとなるので断念した




 山頂の標柱がある場所からの眺望、遠方の山は雲に囲まれて見えない




 復路



 




 晴れたり、雲に囲まれたりの繰り返しだが



 





 最後まで雨には降られなかった。

 しかしこの後車を走らせると
 大雨に遭った。

 登山時晴れ男を自負しているが、
 本当についている。




   この日は愛知県のホテルに宿泊し、翌日は長篠城址や設楽原歴史資料館などを観光し
   フォレスター最後の遠出、北陸・岐阜遠征を終えた。
   尚、フォレスターの下取り査定後に行った7月の2回に及ぶ遠征は、走行距離3000キロ弱の旅となった。
   (遠出をするとは伝えたが、減額されないかが心配)




   数々の山行を共にしてくれた相棒フォレスターさようなら、ありがとう




北陸・岐阜遠征 7/21 鷲ヶ岳 → 7/21 能郷白山 → 7/22 冠山  → (7/23丸岡城) → 7/23 経ヶ岳 → (7/24長篠城址)




  北陸・岐阜エリア トップへ

  ツチフォトトップへ









inserted by FC2 system