丹沢山地  鍋割山   



 登頂日: 2013/6/1  / 天候:晴れ後曇り   / 気温:20℃〜14℃ / 視界:やや良好〜普通 

 コース: 7:45 寄大橋 → 登山口 → 雨山峠(昼食1) → 鍋割峠 → 11:00 鍋割山(昼食2) 11:30 → 後沢乗越 → 13:10 寄大橋


 ↑北  



※こちらは2020/2/29の山行
寄大橋→後沢乗越→鍋割山(昼食)→鍋割峠→コシバ沢→ 寄大橋




 難易度: 中級 【体力:2.5 技術:3.5→3】 ※1   / 総歩行時間: 4時間30分 ※2   / お薦め度:★★★★ ※3


 ※1 寄から尾根(雨山峠)までは沢沿いのルートとなり、渡渉が多い。悪天候時は道迷いに注意。また雨山峠から鍋割峠までは鎖が多い。
   地図に載っていないバリエーションルートを組み込んでいるが、踏み跡や橋などがあり歩き易かった。
   2020/2/29追記、昨今このルートも踏み跡が増え整備が進み一般登山道並みに容易になった。
   尚、大倉から鍋割山へ登るルートは非常によく整備されており、こちらを使う場合は初級レベル。

 ※2 コースタイム : 6時間程度(当該ルートの一部は山と高原の地図、ガイドブック、現地指導票等に掲載なし。)

 ※3 塔ノ岳、鍋割山方面一般道の混雑が嘘の様にとても静か。鍋割山付近は富士山への展望も良い。  



       








 寄大橋脇の駐車スペースに車を止め
 寄沢へ向かう。







 この時期、丹沢山地にある鍋割山は、大山、塔ノ岳
 並みに混雑する事が想像できるが、

 寄からの沢沿いルートは、大変静か。

 道がやや曖昧で渡渉などもありガイドブック
 などには載っていないからだ。(*^^)v
 







 寄沢沿いの林道を歩く




 登山口

この看板があちこちに。





 ※2014/8/31追記。

 登山口にあるベンチに腰掛けたら
 ベンチの裏から巨大なヤマビルが
 「ハロー」と出て来た(゚д゚)!

 落ち葉の下などで大型哺乳類を
 待ち構えているのが普通らしいが
 まさか人間の習性を学習してベンチ
 の裏で待機していたなん事は!?






 また、ここ寄沢の遡行ルートで
 10匹以上のヤマビルを見てきたが
 4〜5センチもある個体は初めてだ。

 靴やスパッツに付いているところを
 排除した事はあるものの、短パンから
 忍び込まれたら気絶していたに違いない(´Д`;)






 朽ち果てた鹿避けの扉を潜る







 ここから尾根まで沢沿いのルートとなる。

 渡渉を繰り返す。一回目の渡渉、水量が少なく
 余裕の通過。
 






 二回目の渡渉も楽々。

 梅雨の時期だからもう少し水量があってもいいが。






 三回目、上流に行くほど水流は当然細くなるので楽勝。




 四回目


 五回目の渡渉










 この辺りで、ドスン、ドスンと威嚇する様な
 地面を叩く音がしたが、もしかしてクマさん(´Д`)∴?










五回目の渡渉の後は急陵な岩場
を通過していくが、鎖やハシゴで整備されており
歩き易い。(^ω^*)







 地図や道標に記されていないバリエーションルートは、
 岩にマジックで方角指示が。


 コシバ沢からの山行は別日→こちら








 ここは確かに左右を壁で囲まれ、雷雨時などに
 水が押し寄せて来たら怖いな。







 沢の最上部?出口は豪華に階段が
 設置されている。







 下に落ちた橋の上に新しい橋が掛けられている。

 下の橋は長さが足りなくて再利用できなかった
 のか?変な光景だ。







 要約尾根に出た。沢の前後には
 必ずこれが。

 雨山峠にベンチがあったので食事を取り、先へ。







 雨山峠〜鍋割峠は細尾根となっており
 鎖やハシゴ多数。







 藪っぽい場所も所々あり。

 虫が嫌いな方は、このルートは晩秋〜春先
 に使うほうがいい。







 鎖場。鎖が無くても普通に歩ける。







 ここは足を掛けられる場所が少なく
 鎖を使わせていただいた。







 鍋割峠




 鍋割峠付近から西方の景色。稜線で結ばれた左は檜岳。




→鍋割山 続き





  丹沢山・箱根山エリア トップへ

   ツチフォトトップへ









inserted by FC2 system